ドッグスタンスは、国産野生鹿肉を使用したドッグフードです。


ドッグスタンスの特徴は?

・鹿肉フード販売では10年の実績を誇り、シリーズ累計2300万食(2022年3月現在)を突破!
国産野生鹿肉を使用したドッグフードです。

・ドッグスタンスでは、犬本来の体に合った食事を考え、犬の祖先であるオオカミのメインフードの一つ「鹿肉」をフードのベースに使用しています。

・鹿肉は、栄養面から見ても、高タンパク・低脂肪・低カロリーで、ビタミン類や鉄や亜鉛といったミネラル、アセチルカルニチンも豊富です。

・さらに、野生の鹿は、無駄な贅肉がなく、オメガ3を含む質の高いお肉になります。
野生動物と家畜動物では食べているものや環境が違うため、お肉の質が変わってきます。

・中国の薬学書では、鹿は長寿の霊獣とされており、東洋医学では、五臓を補うとされています。

・加熱による変性を最小限に、ドライフードは低温で調理しています。
手間ひまをかけてゆっくり低温調理することで、タンパク質の変性を防ぎ、油脂の酸化やAGEs(終末糖化産物)の生成も抑えることができます。

・国産の野生鹿肉をメインに、安心の食材を集めました。
原材料は鮮度の高い高品質な生鮮品を仕入れ、国内の工場でこだわりの製法で作っています。もちろん着色料・香料・保存料は無添加です。

ドッグスタンスが選ばれる理由は?

野生のシカ肉のチカラ!
野生の鹿肉は、高タンパク・低脂肪・低カロリーで知られています。そしてビタミン類や鉄や亜鉛といったミネラルと、アセチルカルニチンが豊富に含まれています。


歯科に豊富なカルチニン
カルニチンは、エネルギーを産生するための大切な成分です。特にアセチルカルニチンは、血液脳関門を効率よく通過することで脳内サポートが期待できる成分です。


野生の鹿肉へのこだわり
野生の鹿は、山の中で草や木の実などを食べながら厳しい大自然の中で育っています。家畜の鹿肉には成長ホルモン剤や抗生剤などの心配がありますが、野生鹿肉は天然の自然食材です。

商品の概要

シニア犬の飼い主様に人気の商品5点を詰め合わせし、お得なセット価格でお試しいただけます。




プライバシーポリシー

本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
本人の求めを受け付ける方法
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。