しももとクリーニングは、布団の丸洗い&羽毛布団リフォーム(打ち直し)をしています。


しももとクリーニングの特徴は?


■認定工場による「個別リフォーム」の高い技術
創業140年の歴史をもつ国内最大クラスのリフォーム認定工場による
1枚単位の個別リフォーム。とにかく仕上がりの良さに自信があります。
また、他の羽毛ふとんと混ざる事も決してありません。

■専門店の事前「個別カウンセリング」
「はじめてのお布団リフォーム」のご不安や不明点も  専門スタッフがお申込前に、無料でメールと電話で個別サポート。
安心・安全に加え「高い満足度」のポイントです。

■クリーニング専門店によるアフターサービス
羽毛布団のメンテナンスにつきものの「丸洗い」も  個別丸洗い専門店でお得にサービスを受けられます。
・プレミアムコース:1回無料
・スタンダード・お手軽コース:20%OFF

しももとクリーニングが選ばれる理由は?


■完全個別洗い
布団クリーニングで、完全個別洗いを採用しているのは 「しももとクリーニング」だけ。他のお客様のお布団とは一緒に洗いません。
一般的に、一度に何十枚も洗う「大型の機械」を使用していますが、 当社は最大でも2枚の個別専用「小型の布団丸洗い専用洗濯機」を使用。
衛生面の配慮だけでなく布団と布団が擦れによる生地の破れも心配ありません。

■無添加せっけん使用
お子様やアレルギー体質の方にも安心な、無添加せっけんを使用。
合成洗剤は使いません。

■オーガニック布団クリーニングの実績とノウハウ
他店では取り扱えない、シルク生地の高級布団をはじめ、 高額な100万円の羽毛布団のクリーニングもご依頼を頂くなど、 取り扱いが難しいオーガニック布団クリーニングの実績と ノウハウに定評を頂いております。

■全国対応
日本全国にお客様がいらっしゃいます。




よくある質問

Q 石けんの匂いは布団に残りますか?

A 当社では無添加の植物性石けんを使用していますので、香料等の匂いは一切しません。『言われてみれば、ほんのりと石けんの香りがするかな?』くらいのものとお考え下さい。しかしながら、匂いの感じかたには個人差があります、匂いに敏感な方にはすすぎの回数を増やす事で対応させていただいています。

Q 石けんで洗うとふとんの仕上がりはゴワつきませんか?

A 石けんで洗濯するとゴワつく、バサバサになる、、そんなイメージがあるようですが大丈夫です!ぜんぜんゴワつきませんよ。なぜならば、当社では丸洗いした後の最終工程の中に、おふとんを『ふっくら』に仕上げる乾燥工程がありますので、ふとん丸洗い専門店ならではの『中はふっくら』『外はサッパリ』仕上げを体感いただけます。

Q 花粉症です。丸洗い後のお布団を外で天日干ししたりしませんか?

A 花粉症でお悩みの方には一大事ですよね! 当社では丸洗いの作業工程は全て室内で行っていますので、乾燥等においてお客様のおふとんを屋外に干したりすることはありません。丸洗いをして布団に付着していた花粉やPM2.5等をキレイに洗い流し、布団専用乾燥機でスピーディーにふっくらと仕上げますので、安心してお預け下さい。

Q ふとん丸洗いがアトピーや喘息の予防に大切だと聞きますが本当ですか?

A 私どもはアトピーなどのアレルギー研究者でもお医者様でもありませんので決して完治するとは言い切れませんが、アレルギー症状などを誘発する大きな原因の一つに『ハウスダスト』が挙げられているのは事実であります。
天気の良い日にはお布団を干したり、様々なスプレータイプの消臭効果・ハウスダスト対策製品を使ったとしても、アレルギー対策の根底にあるハウスダスト(アレルゲン)除去にはなっていないのです。
お湯とお水で布団の中からキレイに洗い流す!ハウスダスト除去にはこれ以上効果的な方法はありません。このような事から『ふとん丸洗い』がアトピー性皮膚炎や喘息予防に効果があるという因果関係に繫がっているのです。

Q どのくらいの周期でふとんを洗えば良いですか?

A 皆さんが毎日使用されているお布団には目には見えなくても、たくさんの汚れやアレルゲンの原因になるものが日々付着、蓄積しています。
毎日、同じ洋服を着続けるということはできませんよね!
当社では、お布団の衣替えシーズンに収納される前や、花粉症対策・梅雨時期のカビ対策など、最低でも年に一回のふとん丸洗いを推奨しています。
また、こんな場合でも・・・
① 夏場に寝ていてふとんがジメジメする。冬場になかなかふとんが温まらない。
➡布団の中の湿気が多くなっています。
② お布団を持ち上げた時にいつもよりズシッと重く感じる。
➡湿気を多く含み中綿に汚れが溜まっています。
③ 天日干しをしてもすぐにジメジメ感が戻ってしまう。
➡布団に塩分が蓄積されています。
こういった症状がでてくれば、早めに『ふとん丸洗い』をすることをオススメします。
快適な睡眠ができることは極めて健康的な生活ができるということです。

Q ベビー布団・ジュニア布団も同じ値段になるのですか?

A 大変申し訳ありませんが、当社では大人用の布団もベビー用の布団も同じ作業コストをかけているために同じ料金をいただいています。
例1:羽毛布団ダブルサイズ+綿の敷布団シングルサイズ=2枚料金となります。
例2:綿の掛け布団ベビーサイズ+綿の敷き布団ベビーサイズ=2枚料金となります。

Q 私の布団はドライクリーニングの表示しかありませんが、この布団は本当に水洗いして構いませんか?

A 当社の『布団まる洗いの注意事項』の中に洗えるふとん、洗えないふとんがありますのでご参照下さい、その中で洗えないふとんに該当しない布団は全て水で洗えるということです!もちろんその中にはドライクリーニングしか洗えませんよという品質表示をしたお布団もありますが、全く問題なく水洗いできます。というよりもお布団の汚れのほとんどが水溶性の汚れなので、お湯とお水で洗わないときちんと落ちないんですよ。今までにいろんな種類のお布団を丸洗いしてきた専門家に安心してお任せ下さい!!

Q 真綿(シルク)のお布団を洗いたいのですが、お取り扱いできないお店が多くて困っています、なんとか洗えないでしょうか?

A シルク100%のお布団を丸洗いできない専門店は結構多いと聞きますが、当社にお任せ下さい!シルクに出来るだけダメージを与えない『真綿専用コース』で優しく、優しく洗い上げて復元乾燥でふんわりと仕上げますので、安心してお任せ下さい。

Q 結婚のお祝いにとお布団を頂きましたが、とても高価なお布団だそうです・・洗えますか?

A 当社がお取り扱いしているお布団の上限値段は1枚が30万円としていますので、お手元のお布団がそれ以内のお値段でしたら問題なく丸洗い承ります。

商品の概要

しももとクリーニングは、布団の丸洗い&羽毛布団リフォーム(打ち直し)をしています。




プライバシーポリシー

本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
本人の求めを受け付ける方法
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。