Butch(ブッチ)は、愛犬・愛猫のための無添加 生ペットフードです。

Butch(ブッチ)の特徴は?


ブッチは、一般的なペットフードとは一線を画した、理想的な栄養バランスを持つプレミアムフードです。

本来、肉食である犬・猫の特質を考えて、肉本来の水分含有量と必須栄養素をギュッと凝縮。

独自のノウハウによって低温調理・パッケージングすることで、管理保存のしやすい生肉以上のペットフードを実現させました。

肉をベースとした栄養構成のため、肉食の犬・猫の消化吸収にかかる負担が最小限になり、食の細さ改善や毛質・体質等の改善にも力を発揮します。

負担=ストレスであり、それを軽減することによって、ペットにとってより健康的な生活を送るために開発されたペットフードです。

最近、愛犬・愛猫の食の細さが気になる方ニオイ・体質の不調をどうにかしてあげたいと思っている方に特にオススメです。


Butch(ブッチ)が選ばれる理由は?

無添加へのこだわり
ブッチの製品は、「安心・安全で健康」をコンセプトに、どんな悩みをもつ犬たちにも愛されるよう開発したドッグフードです。

より生肉に近いものを
犬の腸の長さは体長の約6倍。ヒトは12倍、草食動物であるウシは20倍と言われています。腸の長さからもわかるように、犬は肉食動物の特徴を現在も色濃く残しているため、より生肉に近い高タンパクの食事を必要とします。

動物性タンパク質は最大92%!
肉食動物は水分がたっぷり含まれた生肉が主食なので、腸が短くても栄養がスムーズに消化吸収されます。そのためブッチも生肉と同じ約70%水分含有度をめざしました。また、原材料に対する肉類の割合は最大92%!高タンパク・低脂肪にこだわって開発しました。

生肉では得られない栄養素もバランス良く
人と暮らすようになり現代の犬・猫は多少の雑食性を身につけています。そこで、少量の野菜類や海藻であるケルプを加えることで肉だけでは得られない栄養素を効率よく補えるよう工夫しました。

食いつきの良さを実現
生肉と同等の栄養価と水分含有量を保てるように、加熱処理の過程でも可能な限り 素材の風味を活かしたまま、つくっています!

環境規制が厳しいニュー人ランド産
原材料はすべて、環境規制が世界一厳しいといわれるニュージーランド産です。ニュージーランドの牛や羊は自然な環境で放牧され、牧草のみで育てられています。この肥育方法はグラスフェッドと呼ばれ、その安全性や高タンパク・低脂質という肉質の高さに近年注目が集まっています。

特別トライアルセット全3種類の内容は?

全種共通
・“無添加”生ペットフード
・全年齢・オールステージの犬・猫に対応!

ブラック・レーベル
・ドッグフード
ブッチのベストセラー。
環境規制が世界一厳しいニュージーランド産のビーフとラムの赤身を主体にチキンを配合。

ホワイト・レーベル
・ドッグフード
100%チキン・毛色の薄い犬に。
アレルギー等で赤身肉に敏感で苦手な愛犬に最適。
チキンのみ使用のため、マズルまわりの色灼けが改善されます。

ブルー・レーベル
・ドッグフード&キャットフード
肉食獣である猫にも対応したユニークな犬猫共用フード。
猫には不可欠なタウリン強化。

商品の概要

シンデレラウォークは、湘南美容医師が本気で作った、ガードル×着圧ストッキングです。

プライバシーポリシー

本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報) 「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。 第

2条(個人情報の収集方法) 当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的) 当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。 当社サービスの提供・運営のため ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む) ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため 利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため 有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため 上記の利用目的に付随する目的 第

4条(利用目的の変更) 当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。 利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供) 当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。 人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき 予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき 利用目的に第三者への提供を含むこと 第三者に提供されるデータの項目 第三者への提供の手段または方法 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること 本人の求めを受け付ける方法 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示) 当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。 本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合 その他法令に違反することとなる場合 前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除) ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。 当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。 当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。